home
天空の庭 星のなる木 top
自然を感じさせる憩いの場
世界的ランドスケープアーティスト石原和幸氏が手がける「緑の扉」
コンセプトは”空のとなり、緑のまんなか”
サーカスでは地層、コケ、大自然をイメージさせる大岩の壁など、
コンセプトを成立させるために重要な部分を仕上げました。
間接照明によって引き立つ自然は本物と見分けのつかないものです。
■住所

■面積
■席数
■工期
■設計






東京都豊島区東池袋3-1
サンシャイン60 59F
464m²
162席
2009.02.20-2009.03.04
スペース東京
天空の庭 星のなる木
天空の庭 星のなる木
こけに映えるサイン
天空の庭 星のなる木
地層に映えるサイン
大自然を感じるウェイティング。間接照明がドラマチックに盛り上げます
天空の庭 星のなる木 天空の庭 星のなる木
通路にも地層が施されます エントランスは石肌に苔むしたイメージ
天空の庭 星のなる木 天空の庭 星のなる木
書きなぐったようなモルタルにも
様々な表情が現れます
テーブル席からは夜景が楽しめます